RSS

TortoiseGit &VirtualBox

12 11月

今まで、サービスインしたサイトは社内ではxamppで開発し、社内で別途構築したCenOS上にデプロイし、本番機にアップ…という流れでした。ところが、巷では結構このxamppさん、あまり好かれてない。導入も楽だし、簡単な設定ですぐ動く。でもあまり好かれていない…で。会社で第2弾のサービスを立ち上げるにあたって社内の開発環境を少し変えてみることにした。

びふぉあ

  • xamppでWindow上で開発
  • DBだけは社内のテストサーバーにあるmysqlを参照(共有)
  • バージョン管理はSVN(TortoiseSVN)
  • タスク管理は完全独立でbacklog
  • あふたー

  • virtualBoxでローカルでの開発
  • DBもVirtualBox上にローカルでお好きにどうぞ
  • テスト環境は変わらず。
  • バージョン管理はgit(TortoiseGit)
  • タスク管理はredmineを導入し、gitと連動する形にする
  • ここで今回私が社内で悪戦苦闘したVirtualBoxのインポートと、Gitの接続時にしくじったことをメモ書き。

    Virtual Boxのインポートに失敗
    自宅で構築したVirtual BoxのVMイメージをエクスポートし、会社でインポートしようとすると途中で以下のようなエラーがでて中断する。 KU SO GA!

    The vm session was closed before any attempt to power it on.

    ガクガク。意味分らないから英語でも検索すると
    このサイトがでてきたので、VirtualBoxのVMの設定より、起動時のストレージにある、CDROMだのFDだののチェックを外したら読み込みだした!
    (実は鼻の黒い人が「おれインポートって成功したことない・・」とかいうので、半分駄目元ではあったけど、インポートできると設定情報が引き継がれるから楽なんだよね・・・・。と結構粘着して調べていた。)

    TortoiseGitで git cloneできない。

    次に、社内で今までSVNをつかっていた関係で、TortoiseGitをいれたら設定情報とかかぶるんじゃねえ?とおもっていたけど、とりあえず、秘密鍵作って外部リポジトリへ接続(git clone)を試みる。ガッ!

  • 既にあるマスターリポジトリから、git cloneしようとするとなぜか社内サーバーのIPに接続しようとする
  • いみわからんし・・・。これをてっきりTortoiseSVNのせいだと疑っていた(SVNは社内サーバのリポジトリにアクセスしていたので)接続時にはTortoiseGitはplink.exeというインストール時にデフォルトで設定されているツールでSSH接続を試みるわけだが、そこを直接クリックしてもダイアログがでて、192.168.56.XXXのユーザ名をいれてください みたいなこといわれる!これ結局3日間なやんだ・・・。

    結果として、TortoiseSVNは一切関係なくて、2chのここにモロ、回答がかいてあった!!
    TortoiseGitからgit cloneしようとしたときには既にインストールしてたputty.exeのdefault settingという接続情報が最も優先されるらしい。速攻でここのホスト名をぶち消した!そしたらちゃんと指定したURLにアクセスしたお!かーちゃん、やったよ!

    すんごいくだらないかもしれないことだけど、もし、同じ事で迷路に入ってしまった人がいた時に何かの助けになるかもしれないので、一応メモ。

    広告
     
    コメントする

    投稿者: : 11月 12, 2010 投稿先 サーバ

     

    コメントを残す

    以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

    WordPress.com ロゴ

    WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Twitter 画像

    Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Facebook の写真

    Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Google+ フォト

    Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    %s と連携中

     
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。