KtaiLibraryを使って勉強会をやりませんか。

ええと、色々やらなくちゃいけないんだけどテスト前日に風呂掃除とか机の掃除しだす感じに似てるけど、ついったーで「合宿いいなあ、勉強会やらないかなあ、できれば最近かったKtaiLibraryでつくる携帯サイトなんてあったらいいなあ」なんてつぶやいて「だれかやんない?じゃなくて自分で主催すればいいじゃん」なんてつぶやきもいただいて。仕事とは直接関係ないんですけど携帯サイトに疎いんですよね私。以前phpでSNSを鼻の黒い人が作って、それをラップした携帯サイトっていうのを作っただけ。検証はエミュレータ使ってやったけど、キャリアごととか全然やらず。絵文字の対応とかなしwww のような時代遅れでございます。でcakeを使った開発とあわせてせっかく「PHPで作る携帯サイト」の購入に至っているので、今購入された方も多いと思うわけで、たとえば全5回とかで勉強会やってみて、作ってみんなでどこつまづいた、とかどこわかんなかった、とかあったら共有できていいかな、と思った(他力本願的?)。

なんていうか目的がはっきりしてて、勉強会ごとのアジェンダみたいなのが決まってればわりと目的ごとの疑問点とかが解決しやすいんじゃないかと。漠然とわかんなーい!よりは○○ってやってみたけどこんなエラーだった。どこに着目すればいいんだろう…のほうが答えるほうもわかりやすいんじゃないか、という気持ち。で、ぶつくさいってたらcakephperさんが「おーいいじゃないですか」みたいなことを言ってくださって、いちおう口火を切ったのが私なので、どういう風にすすめたらいいかな…というのをちょっとまとめてみました。熱いうちに開催できるといいなあ。

  • 全5回みたいな感じで通しでやることをきめる(基本は書籍の流れを踏んで)
  • 課題やってこい!みたいなのだと来なくなる人がいるんじゃないかと予想。今日はこれをやってみようみたいな流れ?
  • 予習できるひとはしてきて、質問したり、テクニックを披露。みたいなのだと素敵(はぁと)
  • 携帯サイトのためにcakephpを使うので、ばりばりcakephpしってるわ!っていう人じゃない人も対象がいいかなあ。
  • うわー携帯サイトかんたーん、しかもcakephp素敵!ってな流れを期待age
  • 勉強会は実は数回の参加なので、会場押さえるとか、色々大変なのかなあ、と思ったのですが、わいわいphp勉強会でいった渋谷の会議室はわりと良かったです。距離感も近くてwLTとかするんじゃなくて結構近い距離で「あーだこーだ」いいながらソース書く事を想定しています。ちょっとここつまづいたよ><って言いながら「どれどれ…」っていいながら。合宿ってそういう感じじゃないですかね?w
    とにかく決まってるのは「合宿みたくゴリゴリコーディングしようぜ」な会で教科書が「PHPで作る携帯サイト」だってことだけです。LTとかの予定はないから、プロジェクターとか要らないし、PCだけ持ち込んで開発環境があれば他は電源タップと机と椅子でよいのだろうか。

    最近、自分の知識不足だったり技術不足を嘆いたりすることが多くてしんどいんですがそれを埋めるためには、とりあえず手と頭を動かすしかないんだな、と。で、仕事とは別のところで技術的な楽しみを見つけられるとそれがモチベーションの維持にもなるかなと思っております。「それどころじゃねえや」って時こそ情報を整理しながら進めていかないといけないですね。
    私?私はおそらく勉強会の中でもダントツに「わからんちん」な部類だと思いますので多いに予習して臨む予定でございます。

    広告

    2 Replies to “KtaiLibraryを使って勉強会をやりませんか。”

    1. もし勉強会を行うのなら、サポートはしますよ。どうせ「なんだこの本は!責任者出てこい!!」的な流れになるでしょうしw

      とはいえ、書籍の内容をまともにやると5回でも終わらないのではないかと。
      また空メールとかはメールサーバの兼ね合いとかもあって、全員が挑むのも難しいと思います。
      とりあえずの目標として、5章の基本的な部分一式が動作することをまず目指してはいかがでしょう。

      6章の商品管理は5章の応用編みたいな所なので大丈夫だと思いますが、会員管理、購入部分はかなり重いので、6章が終わって様子を見て配分を決めても良いかもしれませんね。

      1. わー!ありがとうございます。書籍書いてくださった人が登場とはなんと頼もしい…!
        メール関連は確かに環境設定もあるので全員は難しいですね。空メール、自分としては非常に興味のあるところですが。
        とりあえず5章までを何回かに分けて、その後ちょっと時間をあけてその後のどこをやりたい?っていうのをアンケートとって進めるっていう方法もありますね。
        勉強会で出来ることと、難しいこと、っていうのを切り分けるだけでも方針がはっきりしてくるのではないかと思います。私もまだ全部を読みきってなくて・・・。
        アイデアがありましたらぜひまたコメントください!ありがとうございます。

    コメントを残す

    以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

    WordPress.com ロゴ

    WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Twitter 画像

    Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Facebook の写真

    Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Google+ フォト

    Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    %s と連携中