sambaインストールと外付けHDDの認識につまづく。

sambaインストールとかいろいろ。

1.はじめ自宅ではsambaとswatいれた。
2.swatの設定でつまづいた。勝手にsbin/にないと勘違いして違うディレクトリ指定してた
→なおしたらswatでみれた
3.swatいれない方向で、今度は会社でsambaだけいれた
4.sambaだけいれたら、つながらない!げえ!
→swatんときにあけてたiptablesの設定が、sambaんときにも必要だった。
→samba用とswatは開放するポート番号が違ったんだけど、sambaもポートの開放が必要だった

次。
5.今度は外付けHDDを認識するか、USBにさしてみた。
6./var/logの中のmessageに、どうやら認識ログがあるぽかった。
7.ntfs形式のファイルシステムが2個あった(外付けHDDは2つのドライブに区切られてた)
8.マウントしようとしたら、おこられた(ntfsなんてしーらない!)
9.ググってパッケージをダウンロードしてきたんだけど特定のコマンドで怒られる。
対象ファイルは下記。
yum –enablerepo=rpmforge install fuse fuse-ntfs-3g dkms dkms-fuse
10.4つのパッケージをいれるんだけど、インストールされるのにlsmod にいない(fuseモジュール)
# modprobe fuse
FATAL: Module fuse not found.
っていわれる。lsmod してもfuseがみつからないんだよね(いれてるのに)。
なんで・・どして…
11.もうだめだ…と思ったら
12.http://ulc.jp/wp/archives/35にあったように
動作しているカーネルと、カーネルソースのバージョンが異なったためモジュールをいれても反映されないとのこと。

ソースのインストールは何も指定しないと最新をいれるみたいでインストールされたカーネルとは別のもののようだ。
ってことで
rpm -qa |grep ‘kernel.*devel’
kernel-devel-2.6.18-128.el5

この結果と
uname -r
2.6.18-128.el5

この結果が同じにならないと同じバージョンになってない、ってこと。
http://rpm.pbone.net/index.php3/stat/4/idpl/12379882/com/kernel-devel-2.6.18-128.el5.i686.rpm.html
ここからrpmパッケージをダウンロードしてSSHでとりあずアップする。
そのあと、rpmでインストールを行う。

カーネルのソースと実際のカーネルのバージョンはあわせておかないとカーネルモジュールが動かないのだね。
これは今後もきをつけないといけないとおもいました…。はあ。
マウントでカーネルにつまづくって事あるんですか>< もう…!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中